赤ニキビとは?

赤ニキビとは?

赤ニキビというのは、白ニキビや黒ニキビが進行して悪化した状態のニキビで、もっとも一般的なニキビのイメージに近いものになります。

 

ただし、白ニキビなどができていなくても、突然出来てしまうのが赤ニキビの特徴になります。

 

ニキビは必ず段階を踏んで出来るものではなく、毛穴の中のアクネ菌が急激に増殖してしまうと突発的に炎症が起こってしまうため、いきなり赤ニキビから始まることがあるのです。

 

ニキビの種類の中でも、一番発生することが多い赤ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌によってアクネ菌が増え、そのアクネ菌が排泄するポルフィリンが炎症を引き起こすことにあります。

 

毛穴の中で炎症が起きると周辺組織が傷つけられてしまうので、肌の排泄機能がスムーズに働かなくなります。

 

すると、皮脂だけではなく老廃物なども詰まってしまうため、毛穴は炎症を起こしたまま腫れ上がってしまいます。

 

これが一つだけならまだいいのですが、赤ニキビを触った手で他の部分を触ったり、タオルなどでこすったりすると、他の部分にもアクネ菌が増えてしまいます。

 

アクネ菌がついた部位に皮脂汚れが溜まっていたり角栓ができていると、そこもまたニキビが発生してしまうのでどんどん広がってしまうのです。赤ニキビでも思春期ニキビと大人ニキビ両方とも炎症が起きるとなってしまうので、大人ニキビの場合には栄養面など工夫してホルモンバランスを整えて、まだ出来ていない毛穴のニキビ予防をしていくとよいでしょう。

赤ニキビのケア方法

赤ニキビのケア方法

しかも、赤ニキビの特徴として、もう一つ挙げられるのが化膿しやすいということです。

 

炎症を起こしている状態なだけに、周りの肌細胞や組織がどんどん死滅して炎症が深層部にまで達することもあり、そうなると膿が発生してしまいます。

 

膿が発生してそれが毛穴に溜まってしまうと、今度は黄ニキビというものになってしまいます。

 

このように赤ニキビが進行すると自己流のケアではほとんど治すことが出来ませんし、白ニキビなどのように洗顔やスキンケアで治すということも出来ないので専門的な治療を受ける必要性も出てきます。

 

ですので、普段から生活習慣を規則正しく、栄養をしっかり摂取するなど赤ニキビができないように心がけることが一番の対処法と言えます。

▲上へ戻る