クリニックに行くのと自宅で育毛剤を使うのとの違いは?の情報ページ

MENU

クリニックに行くのと自宅で育毛剤を使うのとの違いは?

クリニック

クリニックに薄毛や抜け毛が気になる場合に行く際には大きく考えて2種類あります。男性型脱毛症の場合にはAGAクリニックがありますが、自分自身で男性型脱毛症というのは判断はつくかもしれませんが、確定している事ではないので、しっかり遺伝子検査や血液検査などを行う必要があります。

 

今では郵送するだけでチェックできる場合もあるので、その後にAGAの場合にはクリニックなどに通うという選択肢がある場合もあるかもしれません。AGAの専門で行っているクリニックは、自費診療なので、クリニックによってかかる費用は違いますが、相場もあるので、大体月に2万円以上ぐらいというのがあります。

 

プロペシアなど発毛薬の処方はクリニックに限定されるので、ミノキシジル配合の育毛剤は医薬品1類のリアップのみに配合されていますが、ミノキシジルと抜け毛を止めるフィナステリドの同時処方などクリニック以外では海外から取り寄せる方法以外には今のところないようです。

 

使用不可の場合でもある場合や副作用などがあるため使用する際には十分な安全体制を整えることが大事なので、医薬品1類のリアップなどもレジでお会計のみで購入するというのはほぼ不可能になっています。

 

ネットでも購入できるようになりましたが、色々製薬があり、消耗品や嗜好品などを購入するという感じではないのも注意点です。

小規模なクリニックが多いのが特徴

クリニック

クリニックでは小さい規模のクリニックがほとんどで、地域ごとに出来始めていますが、やはり都心部に多く存在するのも自費診療というのが関係しているのかもしれません。

 

今では通院しないで自宅まで処方薬が郵送されたりチャットみたいな映像で診察が可能であったり、定期的に薬を飲み続けることで抜け毛と発毛に効果が期待できるミノキシジルとフィナステリドなので、月一回など通院して頭皮の状態などを確認して再度処方を繰り返すというのが主な内服や外用薬などAGA治療の基本になっています。

 

育毛メソセラピーなど発毛を実感するまで期間を短縮したい場合に効果的ですが、1回10万円くらいする場合と無痛治療もありますが、傷みも伴う場合もあるので、理解しておくと良いですね。

クリニックに行くのと自宅で育毛剤を使うのとの違いは? 関連記事

▲クリニックに行くのと自宅で育毛剤を使うのとの違いは? 上へ戻る



クリニックに行くのと自宅で育毛剤を使うのとの違いは? ページの先頭に戻る