ミノキシジルは薄毛に効果的?

ミノキシジル

ミノキシジルが配合された湿布するタイプの育毛剤がCMでもより見かけるようになりました。

 

国内で認定されているミノキシジルの配合量は5%となっています。

 

元々ミノキシジルは高血圧を治療する薬の副作用に多毛の傾向が見られたことから開発された経緯があります。

 

今では薄毛の育毛剤では成分として認可された医薬品でもありますが、医師の診断が必要な内服薬と違いドラックストアで購入できるというのが大きな違いだと思います。

 

薬剤師の許可が必要な第一類に指定されているのも副作用との関係性があるというのもあります。ミノキシジルはフィナステリドと性質が違うので同時に使用する事が出来ます。

 

フィナステリドは主に男性型脱毛症にしか効果がありませんが、ミノキシジルは男性型脱毛症に効果を発揮するほかにも色々な脱毛症に効果が出やすいという側面があるようです。

 

やはり両方とも使用していくのが望ましいので、AGAクリニックなどで治療を行っていく際に副作用などを考えた治療を行っていくのが望ましいのかもしれません。

 

男性型脱毛症の場合にはクリニックが自由診療でもあるので、人が集まる経済圏での開業が多かったわけですが、現在は色々な場所に出来てきているのでよりAGAクリニックを利用しやすい状況になっています。