サイトマップ

お腹周りのシェイプアップにはひねりの運動を行うと効果的

ひねり

脇腹の贅肉を落とすことを考えると、いつもの運動の中でもひねりを意識していく必要があると言えるのです。

 

腹筋をするにしても、ただ寝転んだ状態から上半身を持ち上げるだけではなくて、上半身を持ち上げる時に身体を左右にひねる動きを加えていくと良いですね。

 

しかし、ひねりが重要だと言っても、痛みを感じてしまうくらい無理にひねってしまうと腰を痛めてしまうリスクが高くなるので、無理にひねらずに筋肉が引っぱられていると感じる程度のひねりにとどめておくことが大切です。1つ、腰を痛めずに行える脇腹のエクササイズを紹介しておきます。

 

まず足を伸ばして座って下さい。

 

上半身は背筋を伸ばすようにして90度に起こし、腕は胸の前で水平になるようにして組みます。

 

左手は右手の肘、右手は左手の肘に重なるようにした状態を作り、そのまま左、正面、右、正面、左といったように腰をひねっていきます。

 

顔を動かすのではなく、腰をひねることを意識して、脇腹の筋肉を刺激されていることを意識しながら行うようにして下さい。

 

動作そのものはゆっくりとして行い、左を向いた時に数秒停止、正面を向いて数秒停止、といったように連続して行うのではく1つ1つの動きを確認しながら行っていくと良いですね。