内臓下垂と骨盤のゆがみの関係

内臓下垂

内臓下垂は内臓を支えている骨盤帯周りの細かな筋肉の影響を受けやすいため、まずは細かな筋肉を使用するエクササイズの動きや形を見てみたり学んでみると良いでしょう。

 

そうすることで子宮周りの細かな筋肉も使いやすくなるため不妊治療による体へのダメージや抵抗にも良いかもしれません。骨盤の歪みを解消することで内臓下垂と呼ばれる状態を解消することにもつながります。内臓が下に位置することで、下のほうの臓器が圧迫されやすく、内臓自体元の位置にないと働きが悪くなりやすいです。腸とかもそうなんですよね。

 

なので、子宮など胃とかに比べると下のほうに位置するため子宮が冷たくなりやすいですから、内臓下垂を解消させることで、不妊気味の場合には非常に有効になってくるのではないでしょうか。

 

赤ちゃんにとっても居心地が良い状態でもあるので、流産のリスクなども少なからず影響があるでしょうし、栄養面の状態もスムーズに行きやすくなります。妊娠初期の際に葉酸は大切ですが、葉酸を摂取しても胎盤からしっかり赤ちゃんに栄養面が行かなければあまり意味がないですから、赤ちゃんに栄養をスムーズに送るためにもお腹周りの状態をよくしておくとよいでしょう。

 

妊娠中は便秘も多くなるだけに妊娠前から骨盤の歪み解消をしていくと妊娠中も母子ともに健やかな状態をキープしやすくなります。冷えを感じている方など骨盤の歪みを解消されていくとよいと思いますよ。