骨盤矯正は妊娠中に効果はあるの?

骨盤矯正

妊娠中に骨盤矯正を行うことは効果があるのでしょうか?特に妊娠中はお腹の中に赤ちゃんがいるので、臨月に向かうまである意味体重が増え続けます。体重が増え続けますが、体重でも大切なのが位置の関係になります。

 

全体の体重を落とそうとする場合がダイエットには多いですが、赤ちゃんがいる場合には、お腹の子宮の位置の部分の重量が増加していきます。そのため子宮の重みが増してくるから骨盤や腰椎などを含めた足腰に負担がかかってきます。

 

そのため骨盤のゆがみも出やすい時期でもあるんですよね。産後の際に太りやすいのも産道が開くことに加えて妊娠中に赤ちゃんがお腹の中にいることで骨盤周りの負担の増加というのも考えられます。

 

骨盤の歪みは姿勢との関係も深いため妊娠中は普段と知らない間に重心を含めた姿勢の変化が伴いやすいです。そのため定期的に妊娠中でも骨盤の歪み等の解消をしていくと良いでしょう。

 

妊娠中に限らず骨盤矯正を行うことで歪みを取るのももちろん効果的でもあるのですが、一番なのは右足や左足など重心の変異が戻るというのが効果的でもあるんです。

 

重心とかの位置関係に変異があると体のバランスが崩れてきます。妊娠することで今までのバランスが変わるので、良いも悪いも骨盤を整えることをお勧めします。骨盤矯正の方法はいろいろあります。