サイトマップ

ダンベルを使ったアームカールの特徴は?

ダンベル

ダンベルが家にあると色々なエクササイズが行えます。

 

本来重い重量を行うエクササイズを行うのが難しいですが、結構行えるエクササイズは多くあると思います。

 

その中でも代表格なのがアームカールになるかもしれません。

 

オリンピックシャフトを使うというのもありですが、自宅では場所も取るので置いておくのは少し大変です。エクササイズ上の違いは左右自由な動きが可能であるというのがシャフトを使う場合とダンベルを使う上では違いがあります。

 

またアームカールでも捻って使ったりすることも可能です。

 

肘の曲げ伸ばしの際にダンベルカールではあまりひねりを入れるというのはお勧めしないのが、本来は肘をひねるよりも肩を回すというほうが適切な様に思います。理由としては肘を過剰に捻ってしまう癖がつくと肩の回転性を損なう可能性があるためです。

 

野球でいうとシュートを投げる際により肘に負担がかかる用になるトレーニング方法になってしまいます。

 

ダンベルによるアームカールはひねりも入れられますが、実際にひねり方向には負荷がかからないので、垂直運動に終始したほうがトレーニング効果と安全性という意味で良いかもしれません。