サイトマップ

骨盤の歪みは姿勢に影響する?

骨盤の歪み

肩がどちらか上がっていたり、重心がどちらに傾いているかというのが主に似ている面ですが、両方整った状態というのは理想ですよね。しかし筋肉以外に人体は左右対称にすべてがあるわけではなく、肝臓とか特に大きな臓器ですが、体の左側にはなく、中央右寄りから右側にかけてあります。

 

そのため左右対称では体は中の部分では異なるため、バランスを取るように体はゆがみます。目とか左右対称ではない場合が多いですが、重さがそれほどでもなくやはり肝臓とかのほうが重い質量です。

 

そのためゆがみを解消しようと努力してもゆがむものです。ゆがみを戻すというのも大事ですが、自然に戻るというのが大切で脳が定着しなため再び同じ歪みに戻ります。骨盤周りの歪み解消もそうですが、ゆがみよりもしっかり機能しているかどうかのほうが大切でしょう。

 

弾力性とかなど伸び縮みの部分のほうがやはり大切です。骨盤周りのゆがみ解消で便秘を改善していくという点では、あまり外側ではない内臓自体を支えているような地味な筋肉を使ってあげたりすることが大切かもしれません。

 

地味な筋肉は筋トレとかではなく、呼吸をしたら勝手に動くような筋肉なので、呼吸法を整えたり、お尻の穴を閉めるときにより強く閉める様にしてあげるとより使うようになります。

 

骨盤のゆがみもそうですが、骨盤後傾や骨盤前傾も歪んでいるといわれていますが、後傾した位置にあるというのが大切で、元の位置ポジションに戻してあげるような感じにしていくのが大切です。