活気がある日記を書いているブログ

MENU

シャンプーの洗浄成分ってどんなのがある?

洗浄成分

シャンプーの洗浄成分というとあまり気にしないというのがあるのかもしれません。

 

つけられているネーミングでよく見かけるアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーなどの大まかなネーミングで選ぶことも多いのかもしれませんね。

 

今ではアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーなど色々ありすぎてしまうので、どのようにその中から選べばよいのかわからないことも多いかもしれません。

 

ノンシリコンシャンプーでもアミノ酸系シャンプーでも色々種類があり、洗浄成分も色々使用されています。

 

シャンプーで洗浄成分が大事なのは、配合されている量が多いからというのもシャンプーの性質を大きく決めてしまうというのに関係しています。

 

シャンプーは主に液体なので、水の量が多くなっています。その次に洗浄成分が配合されています。

 

固形石鹸など固形の場合には、水分よりも洗浄成分などが多い訳ですが、そのまま塗って使うというのがないのと同じで、水に薄めて泡立てて使っていきます。

 

大きく分けた時のシャンプーの種類と使い方

洗浄成分

シャンプーの場合には、主に高級アルコール系やアミノ酸系に加えて石鹸系に大きく分かれます。

 

高級アルコール系は昔に比べると刺激も浸透性もマイルドにはなっていて価格もかなり安いので、コスパで考えると非常にお得です。

 

素の髪であれば、私はシャンプーのみで大丈夫です。カラーやパーマの髪であれば、ダメージヘア用などもあり、リンスやコンディショナーやトリートメントなども付属してセットで購入する事ができます。

 

刺激度が抑えられた高級アルコール系のシャンプーでも主成分として使用されている場合には、主に弱アルカリ性などでもキューティクルが開いてしまうので、モチが悪くなりますが、高級アルコール系でも洗浄力が強い場合でもキューティクルが開いてしまうので、カラーやパーマのモチが悪くなりやすいです。

 

ですので、そういった場合にはトリートメントとかで補修用トリートメントをガッツリ使用していくのではなく、シャンプー自体をカラーやパーマをしている際に変えるというのが良いかもしれませんね。

 

人気のアミノ酸系洗浄成分のシャンプーの種類は?

洗浄成分

アミノ酸系洗浄成分は、結構マイナーな洗浄成分まで含めると比較的多くなってしまいます。

 

洗浄目的として主に使用されているアミノ酸系洗浄成分には、グルタミン酸系やアラニン系、グリシン系、サルコシン系、アスパラギン酸系などがあります。

 

そのほかにも色々ありますが、よりトリートメント系の作用が強くなるので、洗浄作用もありますが、主にトリートメント作用のような働きがあるようです。

 

アミノ酸系というと髪の毛のケラチンもたんぱく質で同じで吸着作用などもあるという事なので、私の場合には特にすすぐ際に中々シャンプーのヌメリというのが取れない感じです。

おすすめサイト


活気がある日記を書いているブログ

活気がある日記を書いているブログ

活気がある日記を書いているブログですが、20代に人気のシャンプーと言えば最近では男性でも美容室系のシャンプーがネットでは人気の様です。確かに育毛剤や育毛シャンプーなど抜け毛や薄毛が気になる際など店頭販売というのは中々買いづらいというのがあるかもしれません。そう考えると美容室系のシャンプーもどちらかというと女性向けという印象があるので、男性だとネットの方が買いやすいのかもしれません。女性向けというとバストアップ関連の製品も店頭とかだと買いづらい製品もあるかもしれませんね。男性だと精力系のサプリメントなんかも買いづらいかもしれません。育毛剤など通販では人気になりやすい傾向がありますが、実際に効果があるかどうかは不明なところです。最近ではAGAクリニックなど通院する薄毛治療も出てきていますが、男性と女性を同時に見ているクリニックでも誰とも接しないような配慮までしてあるクリニックもあるようです。

シャンプーの洗浄成分ってどんなのがある?ページ


活気がある日記を書いているブログ TOP


活気がある日記を書いているブログ リンク集

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 |