今日でよく使われているシャンプーの洗浄成分は?

シャンプー

シャンプーの洗浄成分というとあまり気にしないというのがあるのかもしれません。

 

つけられているネーミングでよく見かけるアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーなどの大まかなネーミングで選ぶことも多いのかもしれませんね。

 

今ではアミノ酸系シャンプーやノンシリコンシャンプーなど色々ありすぎてしまうので、どのようにその中から選べばよいのかわからないことも多いかもしれません。

 

ノンシリコンシャンプーでもアミノ酸系シャンプーでも色々種類があり、洗浄成分も色々使用されています。

 

シャンプーで洗浄成分が大事なのは、配合されている量が多いからというのもシャンプーの性質を大きく決めてしまうというのに関係しています。

 

シャンプーは主に液体なので、水の量が多くなっています。その次に洗浄成分が配合されています。

 

固形石鹸など固形の場合には、水分よりも洗浄成分などが多い訳ですが、そのまま塗って使うというのがないのと同じで、水に薄めて泡立てて使っていきます。

 

大きく分けた時のシャンプーの種類と使い方

洗浄成分

シャンプーの場合には、主に高級アルコール系やアミノ酸系に加えて石鹸系に大きく分かれます。

 

高級アルコール系は昔に比べると刺激も浸透性もマイルドにはなっていて価格もかなり安いので、コスパで考えると非常にお得です。

 

素の髪であれば、私はシャンプーのみで大丈夫です。カラーやパーマの髪であれば、ダメージヘア用などもあり、リンスやコンディショナーやトリートメントなども付属してセットで購入する事ができます。

 

刺激度が抑えられた高級アルコール系のシャンプーでも主成分として使用されている場合には、主に弱アルカリ性などでもキューティクルが開いてしまうので、モチが悪くなりますが、高級アルコール系でも洗浄力が強い場合でもキューティクルが開いてしまうので、カラーやパーマのモチが悪くなりやすいです。

 

ですので、そういった場合にはトリートメントとかで補修用トリートメントをガッツリ使用していくのではなく、シャンプー自体をカラーやパーマをしている際に変えるというのが良いかもしれませんね。

 

人気のアミノ酸系洗浄成分のシャンプーの種類は?

シャンプー

アミノ酸系洗浄成分は、結構マイナーな洗浄成分まで含めると比較的多くなってしまいます。

 

洗浄目的として主に使用されているアミノ酸系洗浄成分には、グルタミン酸系やアラニン系、グリシン系、サルコシン系、アスパラギン酸系などがあります。

 

そのほかにも色々ありますが、よりトリートメント系の作用が強くなるので、洗浄作用もありますが、主にトリートメント作用のような働きがあるようです。

 

アミノ酸系というと髪の毛のケラチンもたんぱく質で同じで吸着作用などもあるという事なので、私の場合には特にすすぐ際に中々シャンプーのヌメリというのが取れない感じです。

シャンプーの洗浄成分ってどんなのがある? 関連記事